Home > Altium Designer の機能と用法 > 傾向と対策|オンデマンド

傾向と対策|オンデマンド

Altium Designer オンデマンド・ライセンスの特徴をご紹介します。

オンデマンド・ライセンスでは複数のユーザーで Altium Designer のライセンスを共用することができます。しかも、インターネットへの接続ができればどのような場所からでもライセンスを利用することができます。

まずは以下の表をご覧下さい。(価格改定:2014/07/01)

(* 価格表記は税別) スタンドアロン オンデマンド プライベートサーバー
ライセンス共用 困難 容易 容易
社外での使用 容易 容易 困難
サーバーの設置 不要 不要 必要
インターネット常時接続 不要 必要 不要
PCB付(拡張)価格 884,000円 991,000円 955,000円
PCB無(基本)価格 291,000円 324,000円 313,000円
PCB付(拡張)保守価格 170,000円 170,000円 170,000円
PCB無(基本)保守価格 71,000円 71,000円 71,000円

オンデマンド・ライセンスでは複数のユーザーがライセンスをを共用できます。しかも、インターネットへの接続ができるのであればどんなに離れた社外ででも Altium Designer を利用することができます。このようにオンデマンドの最大の利点は、ユーザーの勤務地だけでなく別の地域にある支店・支社・子会社、取引先、不特定の出先などどででも Altium Designer を利用できることです。プライベートサーバーもライセンスの共用を目的としたものですが、共用できるのはライセンスサーバーが設置されている社内の LAN にアクセス可能な範囲に限られています。

このオンデマンドでは、Altium が設置したサーバーからインターネットを介してライセンスを受け取る仕組みになっており、社内にライセンスサーバーを設置すつ必要は無く大変手軽です。しかし、ファイアーウォ-ルやインターネットの偶発的な障害によってこの外部のサーバーに接続できない場合には、Altium Designer wを全く利用できません。

このようにオンデマンドではインターネットの信頼性に対する懸念を完全には払拭できず、おそらくこれがオンデマンド唯一の弱点といえます。

しかし、オンデマンド・ライセンスにはローミングモードという、一時的にライセンスを PC にダウンロードして利用できる仕組みが備えられており、これを使うとスタンドアロンと同様にインターネットへの接続が不要になります。このローミングモードではインターネットに接続できない出先や、障害によりインターネットに接続できなくなった場合でも Altium Designer を使用することができます。 このローミングモードはあまり利用されていようですが、出張時や集中的にフルタイムで Altium Designer を使用する場合には事前にローミングモードに切替てる事により、オンデマンドの弱点をカバーできます。

あともう一つ、オンデマンドの場合には 1つのライセンス(1つのシリアル番号)で複数のユーザーが同時に利用できるという形態で、ライセンスを購入する事が可能です。これについては 複数の Altium Designer ライセンスの発行形態 で解説されていますのでご覧ください。通常は、オンデマンドの場合には通常、1ライセンス・1ユーザーのものが提供されますが、1ライセンス・複数ユーザーのものも提供可能ですので注文時にご指定ください。

では、このようなオンデマンドの長所と短所を理解してライセンスタイプを選択し、有効にご利用ください。

以上、ライセンスタイプに関するお問合せは info@anvil.co.jp または Altium Designer お問合せフォーム にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

107 total views, 1 views today

Home > Altium Designer の機能と用法 > 傾向と対策|オンデマンド

検索
フィード

Return to page top