Home > Altium Designer の機能と用法 > ローミングモードの利用

ローミングモードの利用

Altium Designer では 3種類のライセンスタイプ が用意されており、スタンドアロンとオンデマンドタイプは、ライセンスサーバーを設置しなくてよいので手軽に利用できます。特にオンデマンドタイプでは複数の PC でライセンスを共用でき、優れた機能性と簡便さを兼ね備えた万能型ライセンスタイプであるといえます。

しかしこのオンデマンドにも一つだけ難点があります。それはインターネットに対する依存度が高く、インターネットに接続できる環境でしか利用できない事です。この事は、インターネットや Altium のサーバーに障害が生じると Altium Designer が使えなくなることとを意味します。

そこで、この欠点を補うためにオンデマンドライセンスに用意されているのが、ローミングモードです。オンデマンドライセンスでは、Altium のサーバーに置いてあるライセンスをインターネットを介して受け取りますが、ローミングモードではこのライセンスを一時的にローカル PC に移動して利用します。この場合、インターネットに繋げなくても利用できますが、Altium のサーバーにはライセンスがありあせんので、他のユーザが Altium Designer を利用することができず、実質的にはスタンドアロンライセンスと同様に機能します。

roam

このローミングモードは、インターネットに接続できない出張先で Altium Designer を利用したい場合や、インタネットや Altium のサーバーの障害を回避しなくてはならない場合に役立ちます。

以上のようにローミングは簡単な切替操作により、オンデマンドをスタンドアロンとして利用でる便利なモードですので、でひ一度お試しください。

492 total views, 1 views today

Home > Altium Designer の機能と用法 > ローミングモードの利用

検索
フィード

Return to page top