Home > ご案内・その他 > 2014年の締めくくりに向けて

2014年の締めくくりに向けて

間もなく キャンペーン が終了し、これで今年を締めくくることにとになるわけですが、いま振り返ると今年は大変好調な一年でした。

アンビルコンサルティングの決算は 9月末ですので年の変わり目とは 3ヶ月ずれていますが、11期を終えた今年の決算では過去に無い高い売上げを記録することができました。そこで、皆様のご愛顧に感謝すると共に、追い風となった出来事を中心に、今年のビジネスを振り返ってみました。

● 4月 1日 – 消費税率アップ
もちろん増税はマイナス要因ですが、発注の前倒しにより 1-3月期の売上げが押し上げられました。

4月 9日 – Windows XP サポート終了
これにより Windows 7以降の OS への移行が進みましたが、新しい OS 環境でのProtel 99 SE の利用 が難しくなり Altium Designer への移行が加速しました。

4月21日 – Altium Designer 14 スプリングキャンペーン
この時期のキャンペーンは 6月末の Altium 社の決算対策の意味合いが強いのですが、日本では増税前倒し需要の反動減をカバーするのには絶好のタイミングでした。7月からの値上げがアナウンスされていたこともあり、特に PCB 付新規ライセンスを数多く受注させていただきました。

7月 1日 – Altium Designer の値上げ
Altium Designer PCB 付の新規ライセンスのが 2割程度値上げされました。キャンペーン終了の直後ということもあり、それまでの賑わいは一気に沈静化してしまいました。

11月 1日 – Altium Designer 2014 年 Winter キャンペーン
例年 Altium 社の半期決算に向けて行われるものですが、今年は少し 早めに開始されました。春のキャンペーンのように相乗効果を期待できる要因は無く、爆発的な受注の増大は期待できない状況の中で開始されましたが、例年以上の成果を得て終わりを迎えようとしています。

このように今年を振り返り、その傾向をざっくり総括すると、前半は補助金によって購入されるお客様が多かったように思います。これはアベノミクスによる恩恵でしょうか? また中盤から後半にかけては、Protel 99 SE からの移行が目立ちました。 おそらくこれは OS の移行に伴うニーズです。

そしてもう一つ、アンビルコンサルティングでは、メインサイトを 10年ぶりに更新しました。昨年来 CMS ベースのものへの置き換えを進めてききましたが、これで 9割方移行が完了しました。

今年はこのようにアクティブかつ好調裏にしめくくりつつありますが、、Windows XP のサポート終了や、補助金の交付などの外的要因による後強い押しがありました。来年は今年購入していただいた皆様方が成果を上げ、再投資していただけるよう、さらなるサポートの強化に努めたいと思います。

151 total views, 1 views today

Home > ご案内・その他 > 2014年の締めくくりに向けて

検索
フィード

Return to page top