Home > Altium Designer の機能と用法 > Altium Desaigner の隠れた先進性

Altium Desaigner の隠れた先進性

Altium Desaigner はこれまで、設計・開発現場のニーズを先取りする形で進化してきました。例えばツール統合による、設計プロセス全域でのデザインデータと操作性の統一、高速回路のサポート、3D 表示機能などを早い段階で実現し、今もなお激しく進化し続けています。

このためユーザーの皆様には「これからの設計にはきっとこのような新しい機能が役立つはずです!」とその良さを一生懸命にお伝えしてきました。しかしこれに対して利用者の皆様からは「今までこんなやり方をしていたが同じ事はできるか?」というような素朴な内容のご質問が返って来る事が少なくありません。

要するに使う側にとっては、まず今までどうりの事が当たり前のようにできることが先決のですので、これは当然のことであるといえます。そして日本の設計現場では、ガーバー編集機から進化した柔軟に絵柄編集ができる PCB CAD が多用されており、Altium Designer のような海外製の CAD の導入検討に際してはやはり絵柄を扱う機能についての事前調査が必要です。

しかし Altium Designer は PCB エディタの編集機能として、このような絵柄の編集機能を豊富に備えており、PCB エディタで出来ない事に対しては、内蔵されているガーバー編集機能によって補うことができますので、それほど心配することはありません。

たとえば、PCB エディタでの編集時にグラフィックデータの貼り付けができますので、PCB へのロゴの挿入が容易に行えます。また面付けも PCB エディタで出来ます。そしてガーバーインについては、CAM エディタを経由して行った後、 PCB エディタでインテリジェントな PCB データに変換する事ができます。さらに、シルクカットについては PCB 編集画面上ではできませんが、CAM 編集画面上で行うことができます。

このよように Altium Desiger は絵柄データを柔軟に取り扱う事ができる先進性を備えており、今後これらの機能についても少しずつご紹介していきたいと思います。

159 total views, 1 views today

Home > Altium Designer の機能と用法 > Altium Desaigner の隠れた先進性

検索
フィード

Return to page top