Home > Altium Designer の機能と用法 > 一覧表形式の編集機能 3題

一覧表形式の編集機能 3題

* 旧サイトからの転載・加筆

Altium Designer での回路図の作成は、主にグラフィカルな編集機能用いて行いますが、それだけではなく、オブジェクトの属性を一覧表形式に表示して編集する機能が用意されています。

今回は、これらの一覧表形式の編集機能のうち、代表的なものを 3 つ紹介します。

リストパネル(SCH List)
これは古くから Altium Designer に備えられている一覧編集機能であり、回路図上に配置されたオブジェクトの属性が一覧表形式に表示され、それぞれの属性を表計算シートと同じような方法で編集することができます。これらのシート上の属性は個々に編集するだけでなく、一括変更することも可能です。

通常、一括変更は Find Similar Objects と Inspector を利用して行ないますが、リストパネルを使うと、より自由度の高い編集ができます。外部の表計算画面との間で、Copy and Paste も可能です。
このリストパネルは、画面右下の SCH ボタン > SCH List により表示されます。

list_menu

sch_list

 パラメータ マネージャ
回路図上に配置されたオブジェクトのパラメータが一覧表示され、表計算画面と同じような方法で編集を加えることができます。最初に紹介したリストパネルには、部品のパラメータは表示されませんので、パラメータを一覧表形式で編集したい場合には、この機能を使用します。
このパラメータ マネージャは、[ ツール ]  > パラメータ マネージャ で起動します。

param_mana

フットプリント マネージャ
回路図上の部品シンボルに割り付けられているフットプリント(PCB 部品)情報が一覧表示され、個別に編集したりまたは、複数を選択して一括編集することができます。フットプリントの形状を確認しながら、編集作業を行なうことができます。

部品を置くたびにフットプリントを割り付けるというのは結構煩わしいものです。回路の規模が大きい場合には、回路図を描き終わった後、この機能を使ってフットプリントを割り付けるとよいでしょう。 またこの 機能を紹介する動画 が用意されていますのでご覧下さい。
このフットプリント マネージャは、[ ツール ]  > フットプリント マネージャ で起動します。 

footprint_manager

回路図の役割は、視覚よりもむしろデータによって下流の設計工程に情報を伝えることです。このため、Altium Designer の回路図エディタには豊富な属性が用意されています。そしてこの属性を精密かつ効率的に編集するために、これらの一覧表形式による編集機能が用意されています。

266 total views, 1 views today

Home > Altium Designer の機能と用法 > 一覧表形式の編集機能 3題

検索
フィード

Return to page top