Home > Altium Designerの機能/用法 > 続ジャンクションの恐怖

続ジャンクションの恐怖

過去の記事の続編です。

コメント投稿にて質問をいただきましたので、ジャンクションの恐怖の続編として回答いたします。

最近の Altium Designer の回路図エディタでは、配線のオプティマイズ機能によって、十字接続の部分のドットが消えて交差になってしまいます。下図をご覧ください左が意図した接続であり、右側が Altium Designer で最適化された結果です。

cross99abs.jpg

この現象は、新規作成時だけではなく古い回路図を読み込んだ場合でも起こります。このような意図しない最適化を避ける方法として最も確実な方法は、以下設定画面の Optimize Wire and Buses のチェックボタンをはずすして最適化の機能を解除することです。

sch_pref_g.JPG

また、このオプティマイズ機能を解除せずに十字接続を実現する方法もあります。上図の設定画面の Convert Cross-Junction にチェックを入れると、十字接続部分は交差ではなく2つのT字接続に変換されます。

cross99ads.jpg

そしてこの形状が許せない場合には、以下の設定により従来通りの形状を得ることができます。

conv_j.jpg

このダイアログボックスの Miter Size の初期値は5に設定されていますが、このサイズを小さく設定することにより、2箇所のT字接続の間の距離を縮めることができます。

試しに 0.1 に設定したところ完全に重なって見えました。この数値の単位はおそらく10milですので、0.1に設定すると、実寸は1mil(25.4ミクロン)になるはずです。ただし 0 (ゼロ)の入力はできませんでした。

また私が試した結果によると、この設定により既存のジャンクションが変換されるのではなく、新たに作成するジャンクションにこの設定が適応されました。要するに初期設定値として機能するようです。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/11
Listed below are links to weblogs that reference
続ジャンクションの恐怖 from アルティウムの情報箱

Home > Altium Designerの機能/用法 > 続ジャンクションの恐怖

続ジャンクションの恐怖
Links
Search
Feeds

Return to page top