Home > アンビルコンサルティング > プロテルとアルティウム

プロテルとアルティウム

2001年に Protel (プロテル)から Altium(アルティウム)に社名が変更され、2005年の夏からは製品名も Protel から Altium Designer に変わりました。

当時は、知名度の高いプロテルの名を捨て新しいアルティウムで再出発することを疑問視する声も聞かれましたが、結果的には高級品としてのアルティウムのブランドイメージの確立に成功したと言えます。

また、弊社ホームページのアクセス状況を調べると、今では「Altium」「アルティウム」のキーワードでの訪問者と、「Protel」「プロテル」のキーワードでの訪問者の数がほぼ同数になってきており、知名度についてもアルティウムはプロテルと同等の水準に達したと言えると思います。

以下は直近の数ヶ月におけるキーワードごとのアクセス件数をカウントした結果(上位50)です。

altium_protel.gif

この結果を集計すると、プロテル(676)+ Protel(555) = 1231、アルティウム(411)+ Altiuml(692) = 1103 となります。この結果だけを見るとまだプロテル方が優勢ですが、弊社のページが「プロテル」で検索されやすいように最適化されていますので、この分を割り引くと、すでにアルティウム/Altium と打ち込む人の数がプロテル/Protel を上回っているものと推定されます。

さて、弊社ではメインサイトのサブタイトルに 「Altium Designer への橋渡し」というコピーを使っています。これは正確 には「Protel から Altium Designer への橋渡し」ということを意味しており、言い換ればこれは、「Protel」「プロテル」と打ち込んでやってくる訪問者に、Altium Designer の存在とそのすばらしさを伝え、次からは「Altium」「アルティウム」と打ち込んでもらえるようにする事であると言えます。

しかし今、改めてこの集計結果を見てみると、まだまだ「Protel」「プロテル」でのアクセスが多く、この仕事が簡単に片付づくとは思えません。また、いまだにアルティウムをご存じない方や、「プロテルはアルティウムに買収された」と思い込まれている方もおられます。

そこで今回は再度 Q & A により、プロテルとアルティウムの間に横たわる謎を解いてみることにしました。 - 以下、アルティウムの知恵袋からの加筆/転載

Q1. Protel(プロテル)は Altium (アルティウム)に買収されたのですか?
A1. Altium Limted は Protel International から単に社名だけが変更された
   ものであり、Protel が Altium に買収されたわけではありません。そして
   その後、製品名も同様に Protel から Altium Designer に変更されました。

Q2. 以前 Altium 社で販売されていた DOS 版の P-CAD を購入しましたが、
   この Altium は現在の Altium と同じ会社ですか?
A2. 以前 P-CAD は 電子系CADを販売する Altium という名前の
   IBM の子会社で販売されていました。その後 Protel は、この IBM の
   子会社を買収したアクセル社を買収しましたが、このときProtel は、
   P-CAD だけでなく Altium ブランドも合わせて取得しました。
   そしてその後この Altium ブランドがが Protel の新しい社名と商品名に
   使用されるようになりました。

   しかし IBM の子会社であった以前の Altium 社は Protel が P-CAD を
   買収する前に活動を停止し消滅していますので、現在のAltium とは
   名前こそ同じですが組織的には全くの別物です。

Q3. なぜ社名が Altium に変更されたのですか?
A3. 企業買収により製品ラインナップが増えて、従来のProtel の名前では
   矛盾が生じてきたからです。
   例えば、P-CAD は Protel の最大の競争相手でした。しかしアクセル社の
   買収後はProtel の製品ラインナップに加えられ、Protel の P-CAD という
   ことになってしまい大きな違和感が生じました。さらに当時の Protel は
   企業買収を積極的に進めており この問題の拡大が懸念されました。
   そこでこの問題の解決策として、社名が Altium に変更されたわけです。

Q4. 今でも Protel を手に入れることができますか?
A4. 今では、社名だけでなく製品名にも Protel は使われておらず
   製品ラインナップは Altium Designer という名前に変更されています。
   このため Protel という名前の製品を手に入れることはできませんが、
   Altium Desigbner をご購入いただくことにより、さらに強化された
   Protel の機能をご利用いただくことができます。

Q5. 古いProtel を使っていますが Altium にバージョンアップできますか?
A5. Windows 製品であれば古いバージョンのProtel からでも
   Altium Designer の最新版にアップグレードすることができます。

Q6. Altium では古いProtel のテクニカルサポートを行なっていますか?
A6. Altium ではProtel 99 SE 以前の製品のサポートを終了しています。
   使い方などの不明点については、弊社にお問合せいただければ、可能な限り
   お返事を差し上げます。

上記 Q & A は代理店として入手した限られた情報に基づいて作成されています。また独自の解釈も含まれています。このため、より正確で詳細な情報が必要な場合には、アルティウム ジャパンまでお問い合わせいただくようお願いいたします。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/211
Listed below are links to weblogs that reference
プロテルとアルティウム from アルティウムの情報箱

Home > アンビルコンサルティング > プロテルとアルティウム

プロテルとアルティウム
Links
Search
Feeds

Return to page top