Home > Altium Designerの機能/用法 > ライブラリ編集機能の不足を補う

ライブラリ編集機能の不足を補う

今回は、PCB のライブラリ編集機能の不足を補うための小技をご紹介します。

Altum Designer の PCB エディタおよびライブラリエディタでは、双方に対して一貫性のあるメニュー体系と、ほぼ同じ編集コマンドが提供されています。

しかし完全に同じではなくライブラリエディタでは、PCB エディタの持ついくつかのコマンドが省略されています。

例えば、配置メニューを比べてみると、以下のように、ポリゴンや寸法線/座標値を配置するコマンドがライブラリエディタには見当たりません。

pcb_pmanu.gif


部品作成時にも、ポリゴンや寸法線を入れたい場合がよくありますので、このコマンドがないとたいへん困ります。

そこで役立つのが、コピー・アンド・ペーストです。

Altum Designer では、PCB エディタとライブラリエディタの間で、コピー・アンド・ペーストを行なう事ができます。これを使用すれば、PCB エディタで作成した ポリゴンや寸法線をライブラリ編集画面に貼り付けることができます。

例えば、以下は PCB 上で作成されたポリゴンと寸法線を、ライブラリ編集画面に貼り付けた例です。

           PCB 編集画面              ライブラリ編集画面
copy_poly1.jpg

Altum Designerではこのように、種類の異なるエディタ間でも、コピー・アンド・ペーストが可能です。またペーストの際、クリップボードにコピーされたデータは、ペーストされる側でサポートされているオブジェクトに自動変換されます。

例えば寸法線とポリゴンをライブラリエディタにコピーすると、寸法線は全てフリープリミティブに変換され、ポリゴンはカッパーエリア(またはトラック)に変換されます。

このような小技を使うことにより、簡単にライブラリエディタの機能不足を補うことができますので、ぜひ一度お試し下さい。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/255
Listed below are links to weblogs that reference
ライブラリ編集機能の不足を補う from アルティウムの情報箱

Home > Altium Designerの機能/用法 > ライブラリ編集機能の不足を補う

ライブラリ編集機能の不足を補う
Links
Search
Feeds

Return to page top