Home > アンビルコンサルティング > NET-TOOL ++ と NET-TOOL ad

NET-TOOL ++ と NET-TOOL ad

国内外には多くの CAD メーカが存在し、それぞれ充実したツールの品揃えや統合化により、設計分野を広範囲にサポートしています。 もし、設計に必要な全てのCADツールを全て、これらのメーカの中の一社から買い揃えれば、データの受け渡しに困ることはないでしょう。

しかし実際の開発/設計現場を見るとそううまくは行かないことがわかります。現場ではすでに多くのベンダーの多種多様なCAD ツールが稼働しており、これらを使って設計が分担されています。このため、もし完璧な万能 CAD ツールが存在し、それを手に入れたとしても、他の CAD ツールとのデータのやり取りを避けることは困難です。

例えばボードレベルの設計分野では通常、回路設計者は回路図を描くだけで、基板のレイアウトは基板設計者に任せるという方法がとられていますので、回路設計者と基板設計者が相互にデータをやり取りすることが必要になります。このような場合、両者が使用する CAD ツールが同一メーカのものであれば何ら問題はありません。しかし現実には異なったメーカののCADが使用されている場合が多く、この場合にはフォーマットの変換が必要になります。

NET-TOOL++ はこのような分業の際に必要になる、ネットリストのやり取りを支援するネットリストフォーマットの変換ツールです。NET-TOOL++ では、内外 CAD メーカの  55 種類のネットリストフォーマットをサポートしており、それぞれの間で相互にフォーマットの変換が可能です。  NET-TOOL++ の仕様 

また、NET-TOOL ad は、Altium Designer で回路図を描き、基板設計は外部に委託するという分業形態を想定し、NET-TOOL++の機能を制限したサブセットです。

このNET-TOOL ad では、NET-TOOL++ が変換元としてサポートしていた、55 種類のフォーマットが、Protel と Protel2 の 2 種類に制限されています。しかし、変換先は NET-TOOL++ と同じ 43 種類が用意されており、国内で使用されている ネットリストフォーマットのほとんどをカバーしています。

以下は、NET-TOOL ad がサポートしているネットリストフォーマットの一覧です。  

 ---- 変換元 ------
・ Protel ・Protel2
 -----------------------------------------------------------------------------------------------
 ---- 変換先 ------
・ BoardWorks(Windows) ・ CADLUS ・ CADMAX ・ CADNETIX ・ CADVANCE V
・ CR-2000 ・ CR-3000(ccf) ・ CR-5000 ・ Computer Vision ・ CSiEDA Ver4
・ CSiEDA Ver5 ・ DCS ・ DK-Magic ・ DK-Σ  ・ Dream CAD ・ EVOLUTION
・ Expedition PCB ・  ICAD ・ Intergraph ・ K4 ・ MENTOR ・ MM-2 ・ MM-Colmo
・ MM-PC ・ MY-PCBⅢ ・ PADS ・ P-CAD(ALT) ・ P-CAD(WRL) ・ POWER-VIEW
・ Protel ・ PROVIDENCE ・ SCICARDS ・ SCICARDS28 ・ START(UNIX)
・ START(Windows) ・ TANGO ・ TELESIS ・ THEDA ・ VISULA ・ WorkView(Net)
・ OrCAD(Capture) ・ OrCAD PCBⅡ
 -----------------------------------------------------------------------------------------------

またこの NET-TOOL ad は、OrCAD で回路図を描きAltium Designer で基板設計を行うという場合にも役立ちます。例えば OrCAD Capture では Protel2 フォーマットでのネットリスト出力は可能ですが Protel ネットリストで出力することはできません。このため OrCAD 回路図からネットリスト受け取る際には、Protel2 フォーマットを使用しなければなりません。

しかし、Protel2 は複雑ですので扱いにくく、シンプルな Protel フォーマットの方が編集が楽です。このような場合、NET-TOOL ad を使用して、Protel2 フォーマットを Protel フォーマットに変換することにより、作業能率を上げることができます。

この NET-TOOL ad の価格は 30,000 円(税抜)です。Altium Designer での設計中、ネットリストの受け渡しに不便が生じた場合にご利用ください。

OrCAD、OrCAD Capture は Cadence Design Systems, Inc. の登録商標です。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/271
Listed below are links to weblogs that reference
NET-TOOL ++ と NET-TOOL ad from アルティウムの情報箱

Home > アンビルコンサルティング > NET-TOOL ++ と NET-TOOL ad

NET-TOOL ++ と NET-TOOL ad
Links
Search
Feeds

Return to page top