Home > アルティウム Altium Designer | ブログで FAQ - FAQLog > FAQ - アップグレードキャンペーン

FAQ - アップグレードキャンペーン

どんなに古い製品からでも Altium Designer 拡張セットに180,000 円でアップグレードできるという、ウソのようなほんとうのキャンペーンが始まってから、おおよそ 1ヶ月(4月 9日現在)が経過しました。

今回のキャンペーンでは、180,000 円という安い値付けもさることながら、いくら古くても OK という対象範囲の広さや 約 4 ヶ月にわたる長い期間設定など、はじめてづくしが満載です。

やはり、180,000 円 という破格の価格設定には皆さん驚かれたようで、アナウンスのその日から多くのお問合せをいただきました。

そこで今日は、そのお問合せの中から主だったものを いくつか拾い出し、Q & A 形式でご紹介したいとおもいます。

Q1. 180,000 円 というのは間違いではありませんか?ほんとうにこの価格でAltium Designer 拡張セットが手に入るのでしょうか?
間違いではありません。お持ちの旧製品がどんなに古くても新しくても、現行のWinter 09 以外であれば 180,000円 でアップグレードできます。

Q2. なぜこんなに安いのでしょうか?
ここまで安く設定された理由は不明ですが、一人でも多くの旧製品ユーザの方々に Altium Designer の最新版をお使いいただきたいという強い願いが込められていることは確かです。そして旧製品をお使いのユーザの方々にとっては、またとないアップグレードのチャンスであることも確かです。

Q3. こんなに安くてサポートは大丈夫でしょうか?
2010年 6月1日までの保守が付属しており、この期間内にリリースされる新バージョンを無償で入手することができます。また、テクニカルサポートも、新規購入価格 1,955,000 / 2,346,000 円でご購入いただいた場合と何ら変わりません。

Q4. 注文時にはどのような手続きが必要ですか?
旧製品ユーザであることの確認のため、シリアル番号をご連絡いただく事が必要です。それ以外は新規に購入いただく場合と変わりません。

Q5. シリアル番号がわからなのですがどうしたらよいでしょうか?
弊社には、旧テクスパートの出荷記録資料を保管しておりますので 1998 年以降にアップグレード されていなければ当方で照合することができます。
要するに Protel 98 以前のユーザであれば調べがつきますので、シリアル番号がわからない場合には遠慮せずお問合せください。Protel 99 以降についても、アルティウム ジャパンの協力を得て調べさせていただきますので、シリアル番号がわからないという理由であきらめないでください。

Q6. 年間保守料金の 330,000円 より安いというのは理解できません
確かに、年間保守を含む商品の価格が年間保守料金よりも安いというのは不思議です。しかしこれについては 4 月 15日から年間保守料金が変更され、このような逆転現象は解消されます。
注: 4月 20日、1,500ドル(約 150,000円に改定されました。(5月 18日追記)

以上のような質問をたびたびいただきます。 もし今回のアップグレードキャンペーンに対して質問等がございましたら、info@anvil.co.jp までお気軽にお問合せください。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/277
Listed below are links to weblogs that reference
FAQ - アップグレードキャンペーン from アルティウムの情報箱

Home > アルティウム Altium Designer | ブログで FAQ - FAQLog > FAQ - アップグレードキャンペーン

FAQ - アップグレードキャンペーン
Links
Search
Feeds

Return to page top