Home > Altium Designerの機能/用法 > CAM エディタでネガポジ変換

CAM エディタでネガポジ変換

Altium Designer の PCB エディタでは多層基板の内層をポジ(MID Layer)で設計することも、ネガ(Internal Plane)で設計することもできます。

このため設計対象に合わせて、内層をポジで設計するかまたはネガで設計するかを選べますので、大変便利なのですが、1枚の基板に面付けを行う場合にはどちらかに統一する必要があります。

新たに設計を行う場合には、面付けの相手方の基板にあわせて、ポジかネガかを決めれば良いわけですが、すでに設計が完了している基板を組みあわせて面付けする場合には、ネガからポジ(またはその逆)への変換が必要です。

このネガポジ変換は、Altium Designer CAM エディタ(CAMtastic)の、コンポジットレーヤを利用して行うことができます。

コンポジットレーヤとは、複数の層を一つに合成したレーヤ(層)のことです。このコンポジットレーヤ上で、2 つの層の反転合成を行った結果として、ネからポジへの変換が行われます。すなわち、 [ ポジのベタエリア] マイナス [ 内層ネガデータ] = [ 内層ポジデータ ] というように変換されます。

以下がこのCAM エディタによる、ネガポジ変換の手順です。お客様からの問合せがあったので実際に試してみました。サンプルデータには、デモファイル 4 Port Serial Interface.PcbDoc に Internal Plane を加えたものを使用しました。

(1) PCB データの編集とガーバ出力

サンプルデータは 4 Port Serial Interface.PcbDoc に Internal Plane を加えたものです。通常の場合は何も手を加えずにガーバ出力しますが、反転合成を行う場合には [ ポジのベタエリア] が必要になりますので、使っていない Mechanical Layer2 にこのベタエリアを配置しました。

nppcb2.gif
そしてここから、このMechanical Layer2'(ポジのベタエリア)とInternal Plane(内層ネガデータ)をガーバ出力。

PCB エディタからガーバ出力され、CAM エディタに読み込まれた「内層ネガデータ」

np1b.gif 

PCB エディタからガーバ出力され、CAM エディタに読み込まれた「ポジのベタエリア」

 np2b.gif

(2) コンポジットレーヤの作成

編集 >> コンポジットレーヤ >> コンポジットの自動作成コマンドを起動して、コンポジットレーヤを作成する。

コンポジットの自動作成コマンド

composite2.gif

このコマンドの起動後、マウスのカーソルが " □ " に変るので、ドラッグによって対象エリアを囲む。そのあとマウスを右クリックすると以下の、コンポジットの自動作成、という名称の設定画面が現れる。

   np_comp.gif

この設定を変更せずにOK ボタンを押すと、コンポジットレーヤが作成される。
このコンポジットレーヤでは、 「 ポジのベタエリア」から「 内層ネガデータ」の引き算が行われ、その結果としてネガからポジへの変換が実現される。 

np3b.gif

CAM エディタは PCB エディタと操作性が異なるので、なにかと手間取ることが多いのですが、このネガポジ変換については、コマンドを 1 つ起動するだけなので非常に簡単でした。

以下に Composite レーヤについての詳しい説明があります。(英文)
http://www.pcad.com/resources/learningguides/tutorials/camtastic.pdf

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/290
Listed below are links to weblogs that reference
CAM エディタでネガポジ変換 from アルティウムの情報箱

Home > Altium Designerの機能/用法 > CAM エディタでネガポジ変換

CAM エディタでネガポジ変換
Links
Search
Feeds

Return to page top