Home > Protel P-CAD OrCAD PADS 懐古録 | アルティウム Altium Designer > アルティウムの価格と商品構成

アルティウムの価格と商品構成

アルティウムでは 3月 7日に、「どんなに古いバージョンからでも Altium Designer 拡張セットに、わずか 180,000 円でアップグレードできる」というキャンペーンを開始し、その後の 4月 20日には、基本セットと拡張セットの新規購入価格をほぼ 5分の1 に値下げしました。

このことは、お客様にとってはもちろんのこと、代理店にとっても天地がひっくりかえるほどの衝撃的な出来事でした。最初は真偽を疑いましたが、まぎれも無く本当の話でした。もちろんこれは、アルティウムにとっても重大な決断の結果であり、もう後戻りすることはできません。

ことの経緯はさておき、結果的にはお求め易い価格でアルティウム製品をお届けできるようになったわけですから、これは歓迎すべきことです。 そして皆様に対して、今まで以上に積極的にアルティウム製品をお奨めすることが、私どもの使命であると考えています。

また4月 20日の値下げでは、年間保守の価格等も変更されています。アップグレードキャンペーンを含め、価格の全体像がつかみにくくなっていますので、ここで一度整理をしてみたいと思います。そして、過去のアルティウム製品の価格と製品構成を振り返り、その変遷を追ってみたいと思います。

アップグレードキャンペーン  - 3月 7日 から 6月 30日まで

・ Protel P-CAD を含めどんなに古いアルティウム製品からでも Altium Designer
  Winter 09 (最新版)拡張セットに 180,000 円でアップグレード可能
・ 旧価格でご購入いただいた最新版のWinter 09 基本セットからでも 180,000円
  で Winter 09 拡張セットにアップグレード可能 
・ スタンドアロンとフローティング版の価格に違いはなく両方とも 180,000円
・ 1年間の保守が付属
・ 弊社からご購入いただいた場合には、オプション商品を無償提供

それまで、約 200 万円(新規購入価格)もしていた商品にわずか 180,000 円でアップグレードできるということですので、たいへん大きな反響がありました。 詳細は キャンペーン案内板 をご覧ください。

4月 20日に実施された価格改定 - 約 5分の1の価格に値下げ

・ 基本セット 717,000 円(スタンドアロン)および 859.800 円(フローティング)
  の両方とも、同価格の 995 ドルに値下げ
・ 拡張セット 1,995,000 円(スタンドアロン)および 2,346,000 円(フローティング)
  の両方とも、同価格の 3995 ドルに値下げ
・ 年間保守料金を、基本セット 375 ドル、拡張セット1,500ドルにそれぞれ値下げ
・ 定価は世界統一価格として US ドルで設定され、アルティウムでは各国通貨
  での定価設定は行わない。各国での販売価格は各代理店が独自に設定する
・ 基本セットの名称を Custom Board Front-End Design に変更
・ 拡張セットの名称を Custom Board Implementation に変更

※ アルティウムでは円貨での定価設定を行いませんので、実質的にはオープンプライスになります。弊社ではそのつど直近の為替レートに基いて円貨に換算し、お見積りさせていただきます。

この価格改定については、アルティウムから以下のようにアナウンスされています。
04/20/2009: What makes you so special?
04/27/2009: Altium provides lifeline for OrCAD® Capture users

アルティウム製品の価格の変遷

今回、とんでもない値下げが行われたことは事実ですが、過去の販売価格を振り返ってみるとこの値下げによる新価格は、アルティウム(旧プロテル)が Windows CAD ツールをリリースした当時の価格とほぼ一致しています。このことは以下のチャートをご覧いただくと一目瞭然です。  

paprice.gif

注: SCH価格の部分には PCB 以外のツールが統合された製品の価格が含まれています。またラインナップの全てをカバーしておらず、精密なものではありません。なお、旧製品の価格はスタンドアロン版の価格が示されています。

アルティウム(旧プロテル)は 「高性能な CAD ツールを誰もが手にすることができるお求め易い価格でお届けする」という方針で CAD ビジネスに参入しました。そして 1990年代前半にリリースされた Protel for WINDOWS(Advanced Schematic/PCB)はまさにこの方針を具体化した製品として、多くのエンジニアに受け入れられました。

しかし、Protel DXP/2004 以降は多機能化に合わせて急激な値上げが行われました。その結果、ついに PCB ツールの価格は 200万円にもなり、明らかに「誰もが手にすることができる価格」 では無くなってしまいました。そしてここに来て、100年に 1度といわれる大不況の影響を受け、ついに「初心に戻ることがアルティウムとそのユーザへの利益につながる」という判断が、なされたのではないかと思います。

商品ラインナップに関する課題 

Protel DXP 以降は商品のラインナップにおいても、顧客要望との間にミスマッチが生じました。以下は Protel 99 SE から Protel DXP への移行期に作成した価格表です。ここには Protel 99 SE と Protel DXP の両方のラインナップが示されており、新旧 2 製品の違いがわかります。

p99dxp.gif

上記価格表の左側が新規販売品目です。この上 2 つが当時の新製品である DXP 世代の製品です。そしてその下が、旧製品の Protel 99 SE 世代の製品です。これを見ると、DXP では回路図エディタや PCB などの個別製品が無くなり、2 種類の統合ツールに集約されたことがわかります。 

そしてこの Protel DXP で始まった統合ツールへの集約は、現在の Custom Board Front-End Design (基本セット)と Custom Board Implementation (拡張セット)まで引き継がれています。

 一方でこの統合ツールへの集約は、ユーザの選択肢を大きく制限するものとなりました。この集約の結果、単体の回路図エディタを買いたくても該当する製品は無く、余分なツールが含まれた統合ツールを選ばなくてはならなくなりました。このことはユーザにとって、たいへん不利益なことであると言えます。

しかし今回の大幅な値下げにより、基本セットは 20年近くも前の回路図エディタの価格よりも安くなりました。そして拡張セットも同様に当時の PCB ツールと同等の価格になり、この問題は一挙に解決しました。

これからは、回路図エディタだけが必要な場合にも Custom Board Front-End Design (基本セット)をお選びいただき、多機能な回路図エディタとしてお使いいただくことができます。また Custom Board Implementation (拡張セット)でも 40 万円近辺の価格ですので、もし予算に余裕がある場合にはこちらをお選びいただき、PCB 機能付きの多機能な回路図エディタとしてお使いください。

もし、アルティウム旧製品について知りたい場合には、Altium Designer と歴代のアルティウム製品 および PC-CAD今昔物語 をご覧ください。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/292
Listed below are links to weblogs that reference
アルティウムの価格と商品構成 from アルティウムの情報箱

Home > Protel P-CAD OrCAD PADS 懐古録 | アルティウム Altium Designer > アルティウムの価格と商品構成

アルティウムの価格と商品構成
Links
Search
Feeds

Return to page top