Home > アルティウム Altium Designer > NanoBoard 3000

NanoBoard 3000

Summer 09 のリリースに合わせ、新型の FPGA 開発ボード 「NanoBoard 3000」の販売が開始されました。 この NanoBoard 3000では、今までの Desktop Nanoboard (NB2) の機能を維持したまま、小型化とコストダウンが実現されています。

nanoboard_3000.png

NanoBoard 3000では小型化とコストダウンため、従来ドータボードとして提供されていた各 FPGA とのインターフェース(LSI ソケット)やペリフェラルは、全てマザーボード上に実装されました。

その結果 NanoBoard 3000 では、別売りのオプションボードは無くなりましたが、NanoBoard 3000 本体にXILINX 用、Altera 用、Lattice 用の3 種類のバリエーションが生まれました。

・ NanoBoard 3000 (Xilinx Spartan 3AN)
・ NanoBoard 3000 (Altera Cyclone III)
・ NanoBoard 3000 (LatticeECP2)

いずれも価格は、39,000 円に設定されており、従来のドータボードの価格と大差はありません。また、非常に安価であるにもかかわらず、従来の Desktop Nanoboard に対して勝るとも劣らない機能を備えています。この NanoBoard 3000 の機能の詳細は、Altium Nanoboard 3000 シリーズ  をご覧ください。 注: 9月 8日より価格が 39,000 円から 45,000 円に改定されました。

またこの NanoBoard 3000 には、1年間の 「Altium Designer Soft Design 」ライセンスが付属しており、Altium Designer の購入前でも、すぐに FPGA の開発を始めることができます。この「Altium Designer Soft Design 」の機能については、Altium Designer 機能セットサマリー をご覧ください。

このNanoBoard 3000 はすでに生産が始まっており、きのう弊社にも見本がとどきました。 開封したところ、パッケージ、本体、付属品とも大変豪華なものでした。

NanoBoard 3000 パッケージの内容物 

nanoboard3000_all.png

NanoBoard 3000 本体の表側

nanoboard3000_top.png

NanoBoard 3000 本体の裏側

nanoboard3000_bottom.png

Nanoboard 3000 の情報は以下のページからも提供されていますので、合わせてご覧ください。

・ アルティウム社の紹介ページ: NanoBoard 3000 シリーズ 
・ ブロックダイヤグラム: NanoBoard 3000 の機能概要

Nanoboard 3000 に関するお問合せおよび見積り依頼は、フォーム または info@anvil.co.jp まで。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/316
Listed below are links to weblogs that reference
NanoBoard 3000 from アルティウムの情報箱

Home > アルティウム Altium Designer > NanoBoard 3000

NanoBoard 3000
Links
Search
Feeds

Return to page top