Home > Altium Designerの機能/用法 > Summer 09 の新機能と改良点

Summer 09 の新機能と改良点

Altium Designer Summer 09 では、オンデマンドという新しいライセンスタイプの追加 とアクティベーション方法の変更が行われたことにより、Altium Designer を 出張先などへ持ち出すことが容易なりました。

これはシステムレベルでの久々の大きな変更です。そしてこの新機能はAltium Designer のプログラムをインストールした直後に動きだし、今までとは異なった手続きが要求されますので、見逃してしまうことはありません。

さらに Summer 09 では他に、今までに例が無いほど数多くの改良が加えられています。 しかしその内容は比較的地味なものが多ため、役立つ新機能を見落としてしまう可能性があります。

そこでこれらのアップグレードの内容を、以下の 3 つの項目に分けて紹介してみたいと思います。

・ メジャーな新機能の追加
・ 使い勝手を良くするためのマイナーな機能の追加や改良
・ 不具合(バグ)の修正

(1) メジャーな新機能の追加
これについては、アルティウムの WEB ページ 「Summer 09の新機能 」 に日本語での説明がありますのでこちらをご覧ください。

PCB ユーザが多い現状ではやはり、このページの最初に紹介されているメカニカルレーヤの追加が、最も注目すべき新機能であると言えます。 Summer 09 では今まで 16層しまなかったメカニカルレーヤが、2 倍の 32層に増えました。

この層数の増加に伴い、PADS、P-CAD、Allegro、OrCAD、CADSTAR、DXF/DWG の読み込み機能も 32層のメカニカルレーヤを読み込めるように変更されています。

また、この変更に伴い、PCB のファイルバージョンが新しいものに変更されていますので、旧バージョンとのやり取りを行う場合には注意が必要です。このため Winter 09 以前のバージョンで作成したPCB ファイルを Summer 09 に読み込む際には、以下のような警告が表示されます。

S09_previous.jpg

この 「Summer 09の新機能 」で紹介されているのは新機能のごく一部であり、これ以外の新機能や改良点はリリースノートに詳しく説明されています。しかしこのリリースノートについては、アルティウム社での翻訳が遅れているようですので、弊社にて独自に翻訳を行いました。

そしてこのリリースノートを詳しく読んでみると、今回の Summer 09 では「メジャーな機能の追加」よりもむしろ、「使い勝手を良くするためのマイナーな機能の追加や改良」 と 「不具合(バグ)の修正」が要視されていることがわかります。

(2) 使い勝手を良くするためのマイナーな機能の追加や改良
リリースノートで紹介されている新機能と改良点の項目数を数えると、PCB - 126、回路図 - 27、FPGA - 79、システム - 43、伝送線路解析とシミュレーション - 5、エンベデッド - 9、CAM - 2、ライブラリ管理 - 6 となり、合計 315項目におよびます。そしてその大半は 「使い勝手を良くするためのマイナーな機能の追加や改良」であると言えます。 そしてこの中には、今まで要望の多かった次の改良が含まれています。

・ OrCAD 10.x で保存した .DSN ファイルの読込み
OrCAD Capture v10.x の場合、ピンから、ピン名、ピン番号を独立して移動できる機能が追加されています。Winter 09 以前では DSN ファイルの保存時にこの機能を無効にしないと読み込むことができませんでしたが、Summer 09 ではそのまま読込むことができるようになりました。

・ DXF/DWG エクスポートの際、表示されているレイヤだけを出力可能
今まで、層ごとに DXF/DWG ファイルを出力することができませんでしたが、Summer 09 では可能になりました。

・ ネットのハイライトでポリゴンもハイライト可能
同電位の箇所を、より適確かつ簡単に知ることができるようになりました。

この 3つの改良だけでも、けっこう便利になったと言えます。

(3) 不具合(バグ)の修正
Summer 09 では不具合の修正、すなわちバグ取りもだいぶ進んでいます。例えば、運用上もっとも深刻なのは、クラッシュ等 「データの消失や操作不能を引おこす」ような不具合ですが、これらに対する修正だけでも 22 箇所にのぼります。

そこで、これらの 22 箇所の深刻なバグの修正点をリリースノートから拾い上げてみました。弊社では、このような不具合についての報告を受けたことはありませんが、皆さんがいままで経験したことがあるクラッシュに対して、対策が行われているかも知れませんので、ざっと目を通してみてください。

 PCB
・ PcbDoc をオープンせずにOutput Job ファイルからPCB の印刷設定を行うと発生していたクラッシュが修正されました。
・ ルームを検索する為にFind Similar Objects でSame スコープを使用してもAccess Violation が発生しなくなりました。
・ Max/Min HoleSize の違反によって発生していたAV(アクセス バイオレーション)が修正されました。
・ P-CAD PDIF ファイルを読み込んだ後に発生していたクラッシュが修正されました。
・ 以前、編集中にルームを配置した後、クローズするとクラッシュしましたが、これは修正されました。
・ グラフィックカードのエラーによってAltium Designer が予期しないエラーを発生することがなくなりました。
・ マニュアル配線でビアを配置する時、クラッシュしなくなりました。
・ HugNPush モードでインタラクティブ配線を実行中、コーナーをアークに変更するとアプリケーションがロックするバグが修正されました。
・ ハイライト中、プリミティブを削除すると発生するクラッシュが修正されました。それらを削除するとアンドゥ用のスタックが不足し、新たなクラッシュが発生していましたがそれを修正されました。
・ 多角形オブジェクトの頂点の重なりを正しく処理できないことで、インタラクティブ配線ツールがクラッシュやハングアップする問題が修正されました。インタラクティブ配線ツールは、高さや幅の無い(頂点が2 つしかない)カッパーエリアがデザイン中に存在するとクラッシュしていました。
・ Windows クラシカルテーマが使用されていると、レイヤスタックアップ レジェンド がクラッシュするケースがある問題が修正されました。
・ ある一般的で無い条件で、クローズによってクラッシュにつながる問題が修正されました。

 回路図
・ テンプレートからの新規回路図作成や既存のファイルから回路図を作成し、回路図をクローズしてもアクセスバイオレーションは発生しません。
・ SCH Library パネルのPlace ボタンから回路図に部品を複数回配置した後、アクセスバイオレーションは、発生しなくなりました。

 FPGA
・ これまで空のアーキテクチャは、論理合成でクラッシュの原因となっていましたが、エラーメッセージがレポートされるようになりました。
・ 特定の大きなファイルで最適化を行う場合、論理合成ツールがクラッシュしなくなりました。
・ プログラムされたNanoBoard が接続されている時に、デバイスビューでLive ステータスを切り替えると、Digital IO の Nexus ドライバで時々発生していたクラッシュを修正しました。
・ 複数のデバイスを一度にビルドするときに、偶然発生する 'Out of resources' のクラッシュが修正されました。
・ Altium Designer は、ターゲットプロセッサが停止できない間、デバッグセッションを開始してもハングアップしなくなりました。
・ Altera デバイスをターゲットにした場合、ロックする可能性を解消しました。

 システムレベル
・ 印刷プレビューは、Windows GDI リソースの消費量を抑え、大きなプレビューの際に発生していた、"Out of system resources" のエラーが発生せず動作するようになりました。

 伝送線路解析とシミュレーション
・ フリッカーノイズ エクスポーネントパラメータ(af)が指定されているレベル2 のMOSFETS が使用されている際に発生するクラッシュが修正されました。

以上詳細については、Altium Designer ユーザ情報サイト の Summer 09 リリースノート ページから Summer09ReleaseNotes_translatedByAnvil.pdf をダウンロードしてご覧ください。

なお、上記ページへのアクセスにはユーザ登録が必要です。登録は無料で、登録画面により簡単に行うことができますので、是非ともこの機会にこの弊社情報ページに登録を済ませ、運用に役立つ豊富な情報をご利用ください。

Altium, Protel, P-CAD は Altium Limited の登録商標です。OrCAD, OrCAD Capture, Allegro は Cadence Design Systems, Inc. の登録商標です。PADS は Mentor Graphics Corporation の登録商標です。CADSTAR は株式会社 図研の登録商標です。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/312
Listed below are links to weblogs that reference
Summer 09 の新機能と改良点 from アルティウムの情報箱

Home > Altium Designerの機能/用法 > Summer 09 の新機能と改良点

Summer 09 の新機能と改良点
Links
Search
Feeds

Return to page top