Home > アンビルコンサルティング > Windows 7 64 ビットで動作確認

Windows 7 64 ビットで動作確認

先日、Windows 7 64 ビットで Altium Designer が動作 したことをお伝えしましたが、今日はその関連商品である NET-TOOL++ と NET-TOOL ad、さらに古い NET-TOOL Lite が Windows 7 64 ビット環境で動作するかどうかを試してみました。

NET-TOOL++ は Windows XP 対応となっており、NET-TOOLad は Windows Vista 対応です。また NET-TOOL Lite は 1997 年に開発された製品ですので、Windows 95 以降の OS には未対応です。

これらの NET-TOOL のすべてが Windows 7 64 ビット環境で動作することを期待してインストールしましたが、残念ながらこの環境で動作したのは、最も古い NET-TOOL Lite だけでした。そこで、すぐにあきらめ、Windows 7 64 ビットの Windows XP モードで試すことにしました。

NET-TOOL Lite は Windows 7 64 ビットで動きました

ntool64.png


 NET-TOOL ad と NET-TOOL ++ は Windoes 7 64 ビットでは動きません

 ntool64_error.png


その結果、NET-TOOL++ と NET-TOOL ad は何の不思議もなく XP モードで動作しました。 XP モードは Windows 7 の仮想 PC 上で動作する本物の Windows XP なので、あたりまえと言えばあたりまえです。よって、Windows 7 64 ビット環境で NET-TOOL++ および NET-TOOLad を使いたい場合にはこの  XP モード でご利用ください。

nt_xpmode.png

 Windows XP モードは、Windows 7 64 ビット環境で動作しているアプリケーションとの間のコピーアンドペーストも可能で、ディスクスペースも共有できます。さらに Windows 7 64 ビット 環境から XP モード上のアプリケーションを起動することができます。すなわち、シームレスな環境が実現されていますので、双方を手間取ることなしに使い分けることができます。

さらに事のついでに、XP モード上で Altium Designer を動かしてみたところ、これも無事動作しました。ただし  XP モードでサポートされている DirectX のバージョンが古いので、3D 表示はできません。

ad_xpmode.png

 Altium Designer はWindows 7 64 ビット環境で動きますので、XP モードを使う必要はありませんが、もし Windows 7 64 ビット環境で不具合が生じたたときには、その回避手段として役立つかも知れません。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/357
Listed below are links to weblogs that reference
Windows 7 64 ビットで動作確認 from アルティウムの情報箱

Home > アンビルコンサルティング > Windows 7 64 ビットで動作確認

Windows 7 64 ビットで動作確認
Links
Search
Feeds

Return to page top