Home > Altium Designerの機能/用法 > Private Server ライセンスの特徴

Private Server ライセンスの特徴

Altium Designer Summer 09 からはオンデマンドライセンスが提供され、フローティングライセンスでなくても、複数のユーザ間でのライセンスの共有が可能になりました。  Summer 09 のライセンスタイプ

しかし、フローティングライセンスの存在価値が無くなったわけではありません。現に、プライベートサーバー・ライセンスという名前で、フローティングライセンスが提供されています。そこで、このプライベートサーバー・ライセンス(フローティング)の2 つの特徴を紹介したいと思います。

・ プライベートサーバーはインターネットの障害の影響を受けない

オンデマンド・ライセンスは、アルティウムがインターネット上に設置されたライセンスサーバーからライセンスを受け取ります。従い、障害によりインターネットが切断された場合には、ライセンスを受け取ることがでできませんので、Altium Designerプログラムを使用することができなくなります。

一方、プライベートサーバーの場合には、一旦インターネット経由でのをアクティベーションを行った後は、ローカルに設置されたライセンスサーバーからライセンスを受け取ります。このためインターネットの障害の影響を受けることはありませんので、特にユーザ数が多い場合には、プライベートサーバーをおすすめしています。

・ プライベートサーバーは Altium Designer の複数のバージョンを使用できる

Altium Desihner Summer 09 のプライベートサーバー・ライセンスは、Altium Desihner の複数のバージョンをサポートしています。

例えば、Summer 09 のプライベートサーバー・ライセンスを購入しで認証を行うと、Summer 09 だけでなく Altium Designer 6 以降のすべてのバージョンのプログラムを使用することができますので、お客様からの指定その他の理由で、複数の古いバージョンを併用しなkぅてはならない場合には大変便利です。 なお、この詳細については以下のページをご覧ください。
http://wiki.altium.com/pages/viewpage.action?pageId=11241666 

また、プライベートサーバーのライセンスサーバープログラムは、Altium Designer を使用するクライアント PC にインストールすることもできます。 この場合サーバー用のPC もネットワーク環境も不要になり、スタントアロン・ライセンスと同じように使用することができます。

一人しか使わないので、スタンドアロンで充分という場合でも、複数のバージョンを使い分けたい場合には、フローティングライセンスを利用するとよいと思います。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/369
Listed below are links to weblogs that reference
Private Server ライセンスの特徴 from アルティウムの情報箱

Home > Altium Designerの機能/用法 > Private Server ライセンスの特徴

Private Server ライセンスの特徴
Links
Search
Feeds

Return to page top