Home > アルティウム Altium Designer > アップグレードの値上、傾向と対策

アップグレードの値上、傾向と対策

誰もが驚いた、Altium Designer の衝撃的な値下げから一年以上たちますが、その後のリバウンドが治まらず、なかなか価格が安定しません。

直近では、3 月 1日に価格改定されていますが、早くも 来月6月 1日に次の価格改定が行われることになりました。しかし今度は、アップグレード価格だけの変更に留められており、新規購入価格や、保守料金に変更はありません。これは急激な値下げのリバウンドが収束していく兆しなのではないでしょうか?

今回の改定は主に、アップグレード価格の細分化です。現在、基本セットへのアップグレード価格は、アップグレード元のバージョンが新しくても古くても一律 62,500円、拡張セットへは同様に一律 250,000 円に設定されています。 さらに旧プロテル製品の場合には、回路図エディターからでも 250,000円 で拡張セットにアップグレードできます。 しかしこれは、いくらなんでも気前が良すぎるように思います。

そこでこの改定では、新しいバージョンからのアップグレードに対して、古いバージョンからのアップグレードが割高に設定されるようです。

以下は、断片的に入ってきた情報をも基に、今回の改定の概要を示したものです。当方の推定も含まれていますので、だいたいこんな風にアップグレード価格の体系が変わる、という程度にご理解下さい。 

6月1に予定されているのアップグレード価格の改定

PCB 無し製品のアップグレード 現在(円) 改定後
ふる~いProtel 世代の製品から Release 10へ 62,500 新規購入よりは安い
新し目の Protel 製品から Release 10へ 62,500 ← だいぶ値上がり
初期のAltium Designer から Release 10へ 62,500 ← 少し値上がり
最近のAltium Designer から Release 10へ 62,500 ← だいたい同じ価格
PCB 付き製品のアップグレード 現在(円) 改定後
ふる~いProtel 世代の製品から Release 10へ 250,000 新規購入よりは安い
新し目の Protel 製品から Release 10へ 250,000 ← だいぶ値上がり
初期のAltium Designer から Release 10へ 250,000 ← 少し値上がり
最近のAltium Designer から Release 10へ 250,000 ← だいたい同じ価格

 
5月 27日追記: 後日開催されたセミナーで、以下のように新価格が発表されました

price_610.png

この改定は 6月 1日の実施ですが、アップグレードキャンペーンが 6月末まで実施されていますので、実質的にこの新価格は 7月 1日からの適応になります。

現段階では、改定の大枠しかわかっていませんが。プロテル旧製品ユーザーの場合には 7月 1日以降、アップグレード価格が 250,000 円から 2 倍の 500,000 円近くの価格にまで値上りするとのことす。このため、アップグレードを予定されている場合には、早めの決断が必要な状況であることは確かなようです。

アンビル コンサルティングでは、できるだけ多くの既存ユーザの皆様に、新しい Release 10 をお使いいただきたいと考えています。まず、いま使用中に製品の種類とバージョンをご確認ください。6 月末までであれば、以下の製品から 250,000 円で拡張セットにアップグレードできます。 しかし 7月 1日以降は、古いバージョンからのアップグレードがかなり割高になります。

  • P-CAD 各バージョンの製品
  • Advanced Schematic/PCB 1.x
  • Advanced Schematic/PCB 2.x
  • Advanced Schematic/PCB 3.x
  •  Protel 98/Schematic 98 PCB 98 など 98 世代の製品
  •  Protel 99/Protel 99 SE シリーズの各製品
  • Protel DXP/nVisage 等、DXP 世代の各製品
  • Protel 2004、CircuitStudio 2004 など、Altium 2004世代の各製品
  • Altium Designer 6
  • Altium Designer Summer 08
  • Altium Designer Winter 09
  • Altium Designer Summer 09

プロテル製品は、過去に大量に販売されたこともあり、社内に使われていない古いバージョンが眠っている場合があります。6 月末までであれば、これらの製品からも 250,000 円で拡張セットにアップグレードできますので、これらを探し出してアップグレードされてはいかがでしょうか?

社内に古い製品があるかどうかわからない場合や、ライセンス番号がわからない場合には、調査に協力させていただきますので、ぜひともこの機会をご利用ください。

アップグレードと保守契約のお問合せは、いますぐ お問合せフォーム または info@anvil.co.jp まで!

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://jono.jp/mt/mt-tb.cgi/381
Listed below are links to weblogs that reference
アップグレードの値上、傾向と対策 from アルティウムの情報箱

Home > アルティウム Altium Designer > アップグレードの値上、傾向と対策

アップグレードの値上、傾向と対策
Links
Search
Feeds

Return to page top