Home > Altium Designer 機能と用法 > 一人にしておくのは勿体ない - Altium Designer で設計分担

一人にしておくのは勿体ない - Altium Designer で設計分担

Altium Designer は極めて多くの機能を備えており、しかもそれらの機能は一体化されています。そしてこれらのツールは、デザインエントリーから CAM 出力までの一連の開発プロセスの全域をカバーしており、さらにその範囲はボードレベルだけでなく FPGA のハードとソフト開発の分野にまで及んでいます。 Altium Designer への入り口

FPGA のハードとソフト開発を含め、デザインエントリーから CAM 出力までの開発をすべて一人で行うスーパーエンジニアにとっては、これさえあれば何でもできる最高のツールです。しかし実際の開発現場ではたいてい、開発フロセスは複数のエンジニアによって分担されています。 日本ではこれが普通です。特に企業規模が大きくなるほどその傾向は顕著です。

このため、極度に統合が進んでいる Altium Designer の導入を躊躇される方々もおられるようですが、これは誤りです。どのように設計を分担しても、データの一貫性を保つことができる Altium Designer は設計分担に最適なツールです。そこで私どもは Altium Designer を 「複数のエンジニアによる設計分担のためのツール」と位置づけて、設計分担があたりまえの日本の皆様にお奨めすべきだと考えています。

しかし、Altium Designer を無条件に 「複数のエンジニアによる設計分担のためのツール」として位置付けるには若干の無理があります。

Altium Designer ではすべての機能に対して一つのライセンスが発行されています。このため 一人が回路図を書き始めれば、PCB や FPGA 機能などの他の機能がすべてふさがってしまい、複数のエンジニアが個々の機能を使いまわすことはできません。よって Altium Designer を 「複数のエンジニアによる設計分担のためのツール」としてご利用いただくためには、ライセンスの追加が必要になります。

そこで今回は、Altium Designer 拡張セットをお使い(または導入予定)の方々に、Altium Designer のライセンスの追加によってどのような、設計分担と連携が可能になるかを、あらためてご紹介したいと思います。

Altium Designer 拡張セットに 基本セット ライセンスを追加する

通常の電子機器開発の現場では、PCB 設計と回路設計の担当者が分かれており、PCB 設計者の数よりも回路設計者の数のほうが多いのが一般的です。このような現場でのライセンス不足に対してはまず、基本セットライセンスの追加をお奨めします。

基本セットにはPCB の基板外形作成やPCB 部品の配置機能が含まれています。すなわち、PCB の配線を行う直前までの作業ができます。このため、回路設計者が主要な部品の配置までを行い、その後の作業を PCB 設計者に任せるという分担が可能です。また基本セットではAltium Designer の PCB ファイルを読み込んで表示させることができますので、設計が終った PCB ファイルが意図どおりに出来上がっているかを精密にチェックすることができます。

またもし、OrCAD などの他社製品で回路図を作成されている場合には、基本セットのライセンスを追加して Altium Designer に移行することにより、回路変更を行った場合にも簡単に回路図とPCB データの整合をとることができ、ECO ファイルのやり取りなどのわずらわしい作業は一切必要なくなります。

また FPGA 開発を他社ツールで行われている場合にも、基本セットのライセンスを追加して Altium Designer に移行されることをお奨めします。この場合、PCB 設計中に行われた IO ピンの入れ替えを簡単なコマンド操作で FPGA 設計にバックアノテートすることができ、わずらわしい手作業での書き換えやファイルのやり取りは必要なくなります。

Altium Designer 拡張セットに 拡張セット ライセンスを追加する

開発が進み実装設計の段階に入ると、PCB 設計ツールの使用頻度が高まります。フロントエンドの回路設計ツールの使用頻度が高い場合にも、PCB 付の拡張セットライセンスを追加することにより、実装設計段階でのボトルネックを解消することができます。拡張セットの追加により PCB 設計のオ?バーフロフローを外注委託せず、社内の Altium Designer で吸収することにより、回路設計と PCB 設計の間の緊密な連携を保つことが可能になります。

さらに、Altium Designer Release 10 では、1 枚の PCB を複数の設計者が共同設計するための機能が追加されます。拡張セットライセンスを追加することにより、この新機能を利用して 1 枚の基板を幾つかのパートに分け、複数の設計者で設計を分担して行うことができるようになります。

では Altium Designer は分業に最適 Altium Designer で設計を分担 もあわせてご覧いただき、複数のライセンスの組み合わせによる効率的な運用をご検討ください。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/37
Listed below are links to weblogs that reference
一人にしておくのは勿体ない - Altium Designer で設計分担 from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > 一人にしておくのは勿体ない - Altium Designer で設計分担

Search
Feeds

Return to page top