Home > Altium Designer 機能と用法 > Altium Designer と他社製シミュレータとの連携

Altium Designer と他社製シミュレータとの連携

Altium Designer は回路設計全域をカバーする きわめて広範囲なツールを一体化した統合ツールです。多くの場合、デザインエントリーから CAM 出力までの作業を、他のツールの力を借りることなく、すべてこれ 1台でこなすことができます。しかし実際に使い始めると他のツールとの連携が必要な場合も出てきます。

たとえば、社内や取引先で他社製の回路図エディターや PCB レイアウトツールが使用されている場合には、これらのツールとの連携が必要になります。また、すでに導入済みの自動配線ツールやシミュレーターを利用したい場合もあります。

このような場合のために Altium Designer は多くの種類のトランスレータを備えており、他社製品で作成したデータを自動的に変換して読み込んだり、また逆に Altium Designer で作成したデータを他社製品で読込み可能なフォーマットに変換して保存することができます。

Altium Designer では 他機種で作成されたデータの読込  他機種フォーマットでの書き出し で紹介されているとおり、非常に多くの他社フォーマットに対応しています。この中で特にお問合せの多い OrCAD と PADS の読込機能については、OrCAD と PADS ファイルの読込み でご紹介しておりますが、今回は他社製シミュレータ用のデータの書き出し機能をご紹介したいと思います。

まず、アルティウムがシミュレーションとの連携機能を重視する背景として、シミュレーション対する広範囲な要望に対して、Altium Designer だけでは対応しきれないという事情があります。 

例えば、EMC 解析や熱解析、電源ノイズ解析(パワーインテグリティ)などの解析ツールは Altium Designer には含まれていませんので、他社のツールを利用することが必要になります。また、高性能なポイントツールとして実績のあるハイエンドツールを使用したい場合や、持ち合わせのツールを利用したい場合があります。さらに、取引先との間でシミュレーション結果の相関を取るために、使用するツールが指定される場合があります。

このような用途のために Altium Designer には、以下のシミュレータ用のデータの書き出し機能が用意されています。

HyperLynx シミュレーションツール
Altium Designer から HyperLynx の hyp フォーマットて保存することができます。このため Altium Designer で設計した PCB の伝送線路解析やEMC 解析を特別な変換作業なしにHyperLynx て行うことができます。

Ansoft HFSS™ 高周波3次元電磁界解析ツール * Release 10 より
Ansoft HFSS™ のファイルフォーマットで Altium Designer の PCB データを保存できます。これによりマイクロ波応用回路の分野で業界標準して利用されている高周波3次元電磁界解析ツール Ansoft HFSS™ を特別な変換作業なしに利用することができます。

SiSoft Quantum-SI™ 伝送線路シミュレータ * Release 10 より
SiSoft Quantum-SI™ のファイルフォーマットで Altium Designer の PCB データを保存できます。高性能な伝送線路シミュレータ Quantum-SI を特別な変換作業なしに利用することができます。 

さらに Altium Designer ではCADENCE社の オートルータ SPECCTRA 用の dsn フォーマットでPCB データを語損できます。この dsn フォーマットは、CADENCE 社以外でも多くのシミュレータメーカが PCB ツールとのインターフェイスに使用しています。この dsn フォーマットを解して以下のシミュレータが利用できます。

パワーインテグリティ Sigrity
SPECCTRA .dsn フォーマットを介してパワーインテグリティ Sigrity を Altium Designer 用のシミュレータとして使用できます。パワーインテグリティ Sigrity については概要 機能 システム仕様 ドキュメント をご覧下さい。

EMI抑制支援ツール DEMITASNX
SPECCTRA .dsn フォーマットを介して、EMI抑制支援ツール DEMITASNX を利用することができます。

このほかにも SPECCTRA .dsn フォーマットでやり取りができるシミュレータがいくつかあるはずですので、シミュレータを多用される場合には探してみると良いと思います。

以上のように Altium Designer は、万全の外部シミュレータ利用環境を提供しています。

CADENCE、 SPECCTRA は Cadence Design Systems, Inc. の登録商標です。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/53
Listed below are links to weblogs that reference
Altium Designer と他社製シミュレータとの連携 from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > Altium Designer と他社製シミュレータとの連携

Search
Feeds

Return to page top