Home > Altium Designer 機能と用法 > プラグインと更新コマンドでアップデートできない場合

プラグインと更新コマンドでアップデートできない場合

Altium Designer 10 は本年 3月のリリース以来、小刻みにアップデートが繰り返されており、現在までに 11回のアップデートがリリースされています。これらのアップデートにより現在の Altium Designer 10 は、見違えるほど完成度の高い製品に仕上がってきています。
そしてAltium Designer 10ではこれらのアップデートのイを plugin-update.pngコマンドによってインストールします。

plug-in.png

しかし、時にはこれがうまくいかない場合があります。

サインインしていない場合にはアップデートできません。またサインインしていてもプロキシやセキュリティプログラムにより通信がブロックされ、正しく機能しない場合があります。また、サブスクリプション契約が満了している場合にも、アップデートをインストールすることはできません。

このようにアップデートがうまくいかない原因はいくつかありますが、中でも多いのはInstallation Manager のリモートリポジトリの場所:のパス設定の誤りです。この部分は "http://installation.altium.com"  に設定されていなくてはなりません。

installarionmanager.png

この部分のパスの設定は、初期インストールの時に自動的に行われなす。たとえば、ダウンロードによってインストールを行った場合にはこの通りの URL が設定されますが、DVD やローカル インストールリポジトリからインストールした場合には、それらのインストールプログイラムの置かれていた場所までのローカルパスに設定されます。

この部分にローカルパスが設定されてる場合には、アルティウムのサーバーとの接続が確立しませんので、画面のカテゴリの部分にはなにも表示されません。

plug-in_error.png

 
このように、カテゴリの部分にプラグインのアイコンが表示されない場合、パス設定が誤っている可能性が高いので、リモートリポジトリの場所:のパスを " http://installation.altium.com " に書き換えてみてください。

なお、サブスクリプション(保守契約)が切れている場合には、以下のような画面が表示されアップデートをインストールすることができません。この場合にはサブスクリプションの更新をご検討ください。

messege_uodate.png

また、サブスクリプション期間内でも上記のメッセージが表示されアップデート出来ない場合もあります。スタンドアロンやプライベートサーバーでお使いの場合には、ライセンスファイルに記録されているサブスクリプションの期限が更新されす、サブスクリプション期間内でもアップデートできないという現象が報告されています。この場合、再度アクティベーションを行うか、スタンドアロンの場合には一旦オンデマンドに切り替えると、アップデートが可能になります。

アップデート出来ない場合には上記をお試しいただき、それでもうまくいかない場合には support@anvil.co.jp までお問合せください

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/148
Listed below are links to weblogs that reference
プラグインと更新コマンドでアップデートできない場合 from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > プラグインと更新コマンドでアップデートできない場合

Search
Feeds

Return to page top