Home > Altium Designer 機能と用法 > Pick and Place データの活用

Pick and Place データの活用

Altium には、PCB 上に配置された部品座標値を Pick and Place と呼ばれる形式のファイルに出力することができます。

  Pick and place 出力機能  画像は Altium 社 Pick and Place Output Options から引用

worddav86b61e413501315a232b692fa01589e6.png

この Pick and Place は主に、マウンターでの利用を想定したものですが、実はこのPick and Place ファイルは Altium Designer に読込み、ファイルに示されたどおりの位置に瞬時に部品を移動させることができます。

この機能はあまり利用されていないようですが大変便利です。たとえば、筐体の共用するような場合には取り付け穴や機構部品などを、正確に同じ位置に配置しなくてはなりません。このような場合には既存の PCB データから Pick and Place を出力し、そのファイルを新しい PCB に読み込むことにより、既存の PCB と同じ位置に部品を配置したり、位置の修正をしたりすることができます。

  [ファイル] > 実装用データ出力 > Generates pick and place files deでファイルを作成

ppl1.png

  

   [ツール] > コンポーネント配置 > 配置ファイル読込でファイルを読み込み

ppl2.png

 

 製品のモデルチェンジの際には既存の回路ブロックをそのまま再利用することも稀ではないはずです。このような場合にも、既存の PCB から出力した Pick and Place ファイルを既存の PCB に読込ことにとり、再利用する回路ブロックを今までと同じ位置に瞬時に配置することができます。

この Pick and Place はテキストファイルですので編集が容易でです。テキストエディタ等での編集を前提とするとさらに応用範囲が広がるのではないでしょうか?

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/203
Listed below are links to weblogs that reference
Pick and Place データの活用 from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > Pick and Place データの活用

Search
Feeds

Return to page top