Home > Altium Designer 機能と用法 > | アンビルコンサルティング > フットプリントマネージャー利用のお奨め

フットプリントマネージャー利用のお奨め

皆さんはフットプリントの割付に手間取っていませんか?

CAD による基板設計で案外手間取るのは、回路図シンボルに対するフットプリントの割付です。回路図が完成しても、フットプリントが割り付けられていないと、PCB 上にフットプリントが呼び出されません。フットプリントが割り付けられている統合ライブラリを使用すれば割付に手間取ることはありませんが、IC パッケージや抵抗・コンデンサのサイズにあわせて、フットプリントの変更が必要になることが多々あります。

この作業を効率的に行うために、フットプリントマネージャーが用意されています。
回路図上のシンボルをダブルクリックすると、シンボル属性の編集画面はが表示され、ここでフットプリントの割付を変更することができます。しかしこれを個々のシンボルに対して行うを手間がかかるため、一覧画面で処理できるようにしたのがこのフットプリントマネージャーです。

footprintman.png

フットプリントマネージャーでは、回路図上に配置されている全ての部品シンボルを一覧表示し、フットプリントの割付状態の確認と編集が可能です。PCB を自前で設計する場合には大変面理な機能です。

またアンビルコンサルティングではこの機能に関する解説資料を用意しており、Altium Designer ユーザー情報サイトの保守ユーザー専用エリアからダウンロードしていただくことができます。

footmanager.png

この資料は、弊社保守期間中のーザーであれば Altium Designer ユーザ情報サイト の トレーニングガイド 補足資料 -フットプリントマネージャ からダウンロードでぃます。なお、ダウンロードに際しては、事前に 利用者登録 することが必要です。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/236
Listed below are links to weblogs that reference
フットプリントマネージャー利用のお奨め from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > | アンビルコンサルティング > フットプリントマネージャー利用のお奨め

Search
Feeds

Return to page top