Home > Altium Designer 機能と用法 > ガーバーエディタの活用

ガーバーエディタの活用

Altium Designer には以前 CAMtastic!の名称で単体販売されていたガーバーエディタ が含まれています。元来、ガーバーエディタは面付けやテストクーポンの追加など、基板製造の効率化や品質向上ためのデータ編集に使用されるツールですが、基板設計者にとっても最終段階での仕上げやチェックに便利なツールです。

そこで今回は、このガーバーエディタの代表的な用途をご紹介したいと思います。

画面上でのガーバーイメージの確認
代表的な用途としてまず、出力されたガーバーデーターのチェックがあげられます。ガーバエディタは PCB エディタから製造用データとして出力されたガーバーデータを読み込んでそ再現します。よってもし PCB エディターでのガーバー出力段階で不具合が発生した場合でももここで発見することができます。

ガーバーテディタの画面にはアートワークイメージが表示され、表示レーヤのオンオフや拡大縮小が自由でできますので目視による確認が容易です。またレポート機能などによって数値を取得して調べることもできます。

デザインルールチェック
このガーバーエディタはデザインルールチェック機能を備えており、精度の高い確認を短時間に行うことができます。この デザインルールチェックは、[ 解析 ] >> PCB デザインのチェック /修正 コマンドによって行います。

camdrc.png

コマンドを起動すると、チェック項目を設定するためのダイアログボックスが表示されます。チェック項目の多くは PCB エディタと同様のクリアランスチェックです。一度全ての項目にチェックを入れてルールチェックをかけてみるとよいでしょう。ここにある項目のほとんどの部分はAltium Designer PCBエディタでチェック済みのはずです。しかしここでは製造に使用されるガーバーとNCデータをチェックしていますので、最終工程のチェックとしてより確実なデータの確認が可能です。

シルクカット
Altium Designer による基板設計時には、部品番号(シルク文字)を部品のパッドや穴(スルーホール)に重ならないように配置します。パッドにシルクが重なると半田が乗らず、また穴にシルクが重なるとインクで穴が塞がるからです。しかし密度の高い基板ではこのような重なりを避けられない場合があります。また見落としにより重なった部分が残ってしまう場合があります。

このような場合には、パッドや穴と重なっているシルク文字の一部を切り取り、重なっている部分を除去します。これをシルクカットと呼んでいます。このシルクカットは Altium Designer のPCBエディタではできませんが、このガーバーエディタを利用すれば簡単です。

Altium Designer のPCBエディタから出力したガーバデータとNCデータをガーバーエディタに読み込んだ後、ネットリストを生成します。そして [ ツール ] >> シルクカット、コマンドを起動することによりシルクカットが自動的に行われます。

silkcut1.png


 silkcut2.png

このように、このガーバーエディタでは 多くの編集機能やルールチェックにより Altium Designer の PCB エディタの機能を補完することができ、より品質の高い製造データを作成することができます。

また、すでに紹介すみの リバースエンジジアリング機能 も大変便利ですので、これらの機能をぜひともお試しください。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://altium-info.jp/istation/mt/mt-tb.cgi/243
Listed below are links to weblogs that reference
ガーバーエディタの活用 from アルティウムの日替り?情報局 - Altium Designer 導入と運用の道標

Home > Altium Designer 機能と用法 > ガーバーエディタの活用

Search
Feeds

Return to page top