2005年04月03日

Protel のデータ互換

CADの効率的な運用においてはデータの連携と共有が重要です。同一メーカの製品間ではデータの互換性が保たれていますが、PCBや回路図のデータフォーマットが異なる複数のCADメーカのツールが混在している場合には、互換性を確保するための対応が必要になります。Protel のツールには、データの互換性を確保するための機能が比較的豊富に備わっており、いくつかの他機種のデータをダイレクトに読み込むことができます。

例えば、Protel 2004の回路図エディタには、OrCAD Capture で作成された回路図を、変換作業なしに読み込むことができます。またProtel 2004のPCBエディタでは、P-CAD、PADS PowerPCBおよびOrCAD Layoutで作成されたPCBデータをダイレクトに読み込むことができます。これらのデータ互換機能により他機種とのデータの連携が可能になります。

しかし、国内の設計現場にはこれ以外の多くの種類のCADツールが存在します、これらとの連携の方法について考えてみたいと思います。

まず、汎用のトランスレータ(フォーマット変換ツール)の利用があげられます。米国RSI(Router Solutions Inc.)社では海外製のものを中心に、ほとんどのPCB-CADツール間でのデータのやり取りを可能にする製品群が用意されており、これらを利用することにより、Protel と他社製PCBツールのデータのやり取りが可能になります。しかし回路図データのトランスレータは用意されていません。他にも、PCBトランスレータを商品化しているメーカはいくつかあるようですが、回路図データのトランスレータを商品化しているメーカはほとんど見当たりません。

もし、汎用のトランスレータが見つからない場合には、カスタムメイドでトランスレータを開発することも可能です。独自に開発して社内使用されている例もいくつかあります。また専業ではありませんが、トランスレータの開発を請け負う会社もあります。この方法は、高いコストがかかるのが難点です。

最もコストがかからない方法として、ガーバデータを利用するという方法があります。Protel 2004 ではガーバ取り扱い機能が充実しているため、容易にしかも確実に絵柄を再現することができす。しかしガーバデータには絵柄データしかありませんので、この方法ではネイティブなCADデータを読み込めるわけではありません。

異機種間ではデータベース構造が異なるため、いずれの場合でも完全なデータの連携は望めません。またそれぞれ実現に困難が伴いますので、これらを過信してProtel を運用すべきではありません。Protel 2004に装備されている異機種データの読み込み機能については、完成度も高く実績もありますので恒常的な利用に問題はありませんが、これ以外のデータのトランスレーションは、補助的な利用にとどめたほうが無難です。

Comment on "Protel のデータ互換"

"Protel のデータ互換"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •