2005年05月20日

CAD英語の発音

業界の古い友人から「Tech-Express をまだまだ捨てずに持ってるよ」という話を聞きました。久しぶりに見てみると、なかなかおもしろいのでネタを拾ってみました。

誤ったCAD用語に汚染されていませんか?
どれが正しいのか?けっこういろんな発音が氾濫しています。

Protel → プロテル
これはだれでもプロテルと発音するでしょう。日本人であれば間違えようがありません。
Via → ビア? バイア?
これはプリント基板の配線を層間で接続するスルーホールパッドの名称です。これをビアと発音する人とバイアと発音する人がいます。現在ではビアに統一されつつありますが、以前JPCAショーでデモを見た時は、大手CADメーカの半数くらいがバイアと発音していました。中学校の英語の先生ならたぶん、下唇を噛んでヴィアと発音しなさいと教えるでしょう。
Copper → カパー? カッパー? コパー?
これはプリント基板上の銅箔を示す用語です。業界ではカッパーと呼ぶことが多いようです。米国人の友人に発音してもらったところ、カパーとコパーの中間のように聞こえました。辞書で発音記号を調べのが一番いいのかもしれませんが、業界での実績からいってカッパーで問題ないでしょう。
Router → ルータ? ラウター?
PCB業界では自動配線器を示します。これは日本人ならだれでもルータと発音します。ネットワークの業界でもルータです。しかし米国人が発音するとラウターと聞こえます。そこでこれを翻訳ソフトにかけてみたところルータと翻訳されました。このように日本語に翻訳されたわけですから、ルータは英語の発音を置き換えではなく正真正銘の日本語です。したがいラウターをルータと呼ぶのが正しい日本人です。
Shove → シャブ? ショブ?
これは、配線の押し退け配線を説明する用語として使われます。業界では、Push and Shoveという形で、(おそらく)私たちが最初に使い始めました。これも米国人に発音してもらったところ、シャブが一番近いようでした。このため私たちはシャブと呼びましたが、少々危ない響きがあるせいかショブを呼ぶメーカが多かったように記憶しています。しかし現在では日本語におきかえられ、シャブ(ルータ)ではなく、押し退け(ルータ/配線)と呼ばれるのが一般的なようです。
Brows → ブラウズ? ブロウズ?
これは、ブラウズが正解です。現在ではブラウザが日本語化しているので、ブロウズと呼ぶ人はもういないと思います。しかし、以前はJPCAのデモでもブロウズと叫んでいるメーカもあり、またdBASE(DOSの定番データベース)の教則本でもブロウズというのが結構ありました。
Designator → デジグネータ? デジネータ?
これはリファレンス番号を示す用語として使用されます。これはデジグネータが正解です。Designをデザインと発音しますので、g を発音しないのかと思いきや、Protelのエンジニアはしっかりと発音していました。これは業界以外でも使れている単語ですので、英語の分かる人ならだれでも迷わずデジグネータと発音するでしょう。

最後に、
Altium → アルティウム? アルティアム?
アルティウムが正解です。アルティアムではありません。一方、PC業界ではアルミケースのAltium をアルティアムとよんでいます。PC 業界では Pentium がペンティアムですので、逆らうことができないのかもしれません。

では、正しい英語で楽しい週末をお過ごしください。

Comment on "CAD英語の発音"

"CAD英語の発音"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •