2005年05月26日

検索エンジン対策と解析

毎日多くのアクセスをいただきありがとうございます。

弊社ホームページへのアクセスの約8割りが検索エンジンを経由したものです。無名なサイトでは検索エンジンに頼るしかありませんので、訪問者のふるまいや検索エンジンのクセを解析して、サイトが検索されやすいように対策しなくてはなりません。このことを検索エンジン最適化(SEO - Search Engine Optimization)と呼び欧米では盛んに行われているようです。弊社でもこの真似事を行った結果、検査エンジンに上位表示されやすくなっています。

秘密にしておかなくてはならないものもありますので詳しくは書けませんが、この過程で得た情報のうち参考になりそうなものをいくつかご紹介します。以下は今までの6ヶ月間に弊社のサイトにお越し頂いた方々のアクセスデータの集計です。エンジニアが、おおよそどんなコンピュータ環境で仕事をしているのか分かります。

(1) ユーザが利用する検索エンジン
やはりグーグルが一番多い。
Google : YAHOO : MSN の比率は、6 : 3 : 1
(2) ユーザが打ち込むキーワード
一番多いのが [プロテル] 次に [ Protel ] そして [アンビル] ただし [アンビル] は一般名詞ですので多方面で使われており、Tシャツや板金工具などを探して弊社のサイトを訪れるかたも多いのではないかと思います。
(3) ユーザのコンピュータの画面解像度
1024 x 768 と1280 x 1024 がほぼ同数です。ただし最近は1280 x 1024が増えてきています。
(4) ユーザのOS
Windows XP が一番多くほとんどのユーザが NTベースに移行済みのようです。Windows XP : Windows 2000 : Windows 98 の比率は 12 : 6 : 1 となっています。
(5) ユーザのブラウザ
やはり、Internet Explorer が多く、Firefox 、Netscape、Opera と続きます。Internet Explorerが9割り近くを占めています。

これは、アクセス解析ツールによって抽出したデータに基づく結果です。事前に想定としていた環境や弊社の環境とも一致しており、前提に誤りがなかったことに一安心しています。

[ 追伸 ] 解析ツールではJavaScriptとCookieの情報を取得しています。このような形で情報を公開するのは、通念上問題があるかも知れません。適切に対応させていただきたいと思いますので、ご指摘いただければ幸いです。

Comment on "検索エンジン対策と解析"

"検索エンジン対策と解析"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •