2005年05月27日

検索エンジンの優劣

ところで、GoogleとYAHOO の検索エンジンはどちらが優れているのでしょうか?

一長一短・賛否両論がありますが、私はGoogleのほうが優れていると思います。確かに、Googleの検索結果の表示順位に関しては、多々疑問を感じる場面がありますが、その他についてはかなりいい線をいっているように思います。

(1) クローラの巡回頻度
更新の頻繁なサイトにはデータの収集のためにクローラが一日に何回も訪れ、更新内容が1-2日で検索結果に反映されます。このため情報は常に新鮮です。
(2) クラスタリング表示
同一ドメインのページが2ページ隣接して検索された場合には、双方のページが関連付けられ2段積みで表示されます。これにより、目的のページが選択しやすくなっています。
(3) 反応速度
検索窓にキーワードを入力するとすぐに結果が返ってきます。YAHOOの半分以下の時間で結果が表示されるように感じます。

ただ、YAHOOの検索機能がナンバーワンのポータルサイトのサービスの一部、であるという面に対してはかないっこありませんが...

また検索される側の立場からみると、最適化の結果が2-3日で反映されるために上位表示対策(SEO)が大変やりやすいエンジンです。ただ、過剰な最適化に対すしてペナルティ(OOP - Over Optimization Penalty)が与えられたり、フィルターがかけられたりしますので注意が必要です。過剰な部分がスパムとみなされ、厳罰が下される場合があります。このような場合には、検索結果から抹消されグーグル八分の状態になってしまいます。

検索エンジンの最適化に関して話題は尽きませんが、CADには関係ありませんので、このあたりで終わりにしたいと思います。最後に最近出てきた新型のエンジンを2つ紹介しておきます。

新型 MSN Search
将来 MSN はこれに置き換わる。欧米では移行完了。日本語版ベータはまだちょっと不安定?
ASK.JP
欧米で人気のあるアスク ジーブスの検索エンジン日本語版。データの更新が遅いのが難点。

Comment on "検索エンジンの優劣"

"検索エンジンの優劣"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •