2005年05月31日

古い回路図とUnique ID

そのむかし、回路図を描いてPCBを設計するという仕事を、回路図エディタとPCBエディタの2種類のツールだけで行っていました。しかし現在では、混在回路シミュレータや、伝送線路シミュレータなどのツールが使われるようになり、ひとつのCADツールのこれらの機能が統合されるようになりました。そして Protel はこの代表格であり、最新の Protel /Altium Designer では、現在ボードレベルの設計に必要とされるあらゆるツールが統合されています。

Protel ツールでは Protel 99 以降、統合されたそれぞれのツールで作成された各データ間を強固にリンクするため、コンポーネントに Unique ID の属性が設けられました。このID は、回路図作成時に自動的に付加されますので、新規に回路図を作成する場合には設計者がこの存在を意識する必要はありません。しかし、Protel 98 またはそれ以前の回路図エディタで作成された回路図読み込んで使用する場合には、この属性が含まれていませんので注意が必要です。

例えば、伝送線路シミュレーションを行う場合には、[ Project ] - Component Links... コマンドを起動して、回路図とPCBとの間の部品データをリンクさせます。この際に Unique ID が利用されますが、このIDが無い古い Protel 回路図ではリンクを確立させることができません。

そこでこの場合、回路図エディタから[ Tools ] - Convert - Reset Conponent Unique IDs コマンドを起動して、 Unique ID を付加することが必要になります。

id.jpg

このUnique IDは伝送線路シミュレーション以外にも利用されますので、古い回路図を読み込んだ場合には、必ずこのコマンドを起動するようにしましょう。

Comment on "古い回路図とUnique ID"

"古い回路図とUnique ID"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •