2005年06月16日

CAMtastic を併用する

ProtelAltium Designer Protel Option)には、単体で販売されているガーバエディタ CAMtastic が含まれています。

元来、ガーバエディタは面付けやテストクーポンの追加など、基板の製造を効率化するためのデータの加工や追加に使用されるツールです。一方、このようなPCB製造側の用途とは別に、基板設計者にとってもPCB設計の完成度を上げるための仕上げや最終チェックに使用することができる、有用なツールでもあります。

そこで、CAMtastic によって行うことができるProtel - PCBデータの仕上げと最終チェックの一例をご紹介します。

(1) シルクカット
Protel による基板設計時には、部品番号(シルク文字)を部品のパッドや穴(スルーホール)に重ならないように配置します。パッドにシルクが重なると半田が乗らず、また穴にシルクが重なるとインクで穴が塞がるからです。しかし密度の高い基板ではこのような重なりを避けられない場合があります。また見落としにより重なった部分が残ってしまう場合があります。

このような場合には、パッドや穴と重なっているシルク文字の一部を切り取り、重なっている部分を除去します。これをシルクカットと呼んでいます。このシルクカットはProtel のPCBエディタではできませんが、CAMtasitic を使えば可能です。

silk.JPG

Protel のPCBエディタから出力したガーバデータとNCデータを CAMtastic に読み込んだ後、ネットリストを生成します。そして [ Tools ] - Trim Silkscreen コマンドを起動することによりシルクカットが自動的に行われます。

silkcut.gif

(2) ドリルのダブルヒットのチェック
Protel による基板設計時に、スルーホールパッドどうし、またスルーホールパッドとビアが重なった状態で配置される場合があります。このような部分を目視で見つけることは困難で、またデザインルールチェックでも検出ができません。

このような部分には、同一座標にドリルデータが2つありますので、ドリルのダブルヒットと呼んでいます。そしてこの部分には基板製作時に穴あけが2回行われ、場合によってはドリルが折れてしまう場合がありますので、完全に除去しておく必要があります。

CAMtastic には、このようなダブルヒットをを自動的に検出する機能があります。またドリル径よりも狭い間隔で配置されているドリルデータを検出することもできますので、穴あけに関する問題を容易に回避することができます。

CAMtastic のデザインルールチェックは、[ Analysis ] - PCB Design Check /Fix コマンドによって行います。コマンドの起動によって表示されるダイアログボックスの設定項目の14番目と15番目にドリルチェックがあります。他にも多くのデザインルールチェックができますので、一度全ての項目にチェックを入れてルールチェックをかけてみるとよいでしょう。ここにある項目のほとんどの部分はProtel PCBエディタでチェック済みのはずです。しかしここでは製造直前のガーバとNCデータをチェックしていますので、最終工程のチェックとしてより信頼性の高いデータの確認が可能です。

camdrc.jpg

このように、CAMtastic にはProtel PCB エディタの機能を補うさまざまなデータの加工やルールチェックが可能です。この CAMtastic の機能を併用することによって、より品質の高い製造データを作成することができます。

Comment on "CAMtastic を併用する"

"CAMtastic を併用する"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •