2005年07月07日

Altium Designer SP4 続報 2

ファイルの圧縮機能が追加されました。

Altium Designer に名称が変わってから、早くも 2 回目のサービスパックがリリースされたことになります。「そんなに機能が増えても使いきれないよ」とおっしゃる方も多いと思いますが、この機能は必ずお使いになると思います。

はっきりいって、この機能はただ単にファイルの圧縮を行うだけです。しかしプロジェクトを構成する多数のファイルを個々に選択しなくても、プロジェクト全体を一気にひとつの圧縮ファイルにしてしまえるので大変便利です。

Protel 99 SE の統合データベース(DDB)には、一つのファイルで全ての情報をやり取りできるという簡便さがありました。Protel DXP 以降は統合データベースが廃止されましたが、今回の新しく加えられたこの圧縮機能を使用することにより、Altium Designer でも同様に簡便なデータのやり取りが可能になります。

単純な機能ですが大変便利です。しかしコマンドを見つけるのに手間取るかも知れません。普通の人はまず [ File ] メニューを開いてみると思いますが、残念ながらここにはありません。プロジェクトパネルを表示させて、プロジェクトボタンを押してください。そうすると表示されるメニューの中からこの圧縮コマンドを見つける事ができます。

zip.jpg

Comment on "Altium Designer SP4 続報 2"

サービスパック4には重要な手直しが成されているのです。 スマートPDFでSCHシート上に日本語が存在するとエラーになりPDFが作れません。

  •   Kikuchi
  • 2005年07月13日 12:22

この PDF エラーの件、ユーザ様からの質問に対して、アルティウム ジャパンのサポートからコメントされています。近々追加情報としてご紹介する予定でしたが、kikuchi-san に先を越されてしましました。

以下、アルティウム サポートからのコメントです。
------------------------
回路図内に日本語など2バイト文字がある場合にエラーが発生することを確認しております。尚、この問題については、サービスパック4をインストールすることで、解決できますので、お試しください。サービスパックは下記のところからダウンロードしていただけます。
http://www.altium.com/Community/Support/Downloads/
------------------------

  •   yotaro
  • 2005年07月14日 18:46

Windows2000 では Protel2004 終了できない問題もサービスパック4で解消されています。
現在残っている当方の不具合確認は、1)3D表示PDFが作成されない<白紙>、2)Universal JTAG Interfaceのハード不具合<Cyclone認識不可>とソフトソフト不具合<CPLD書込み不可>です。

  •   Kikuchi
  • 2005年07月19日 17:04

サービスパック4適用済みで、3Dビアーを表示した後なにかアクション(イベント)を起こすと突然終了する不具合が発生した場合、ビデオカードのドライバーのアップデートで解消しました<当方では>。

  •   Kikuchi
  • 2005年07月19日 17:16

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •