2005年12月26日

Altium Designer Foundation

Altium Designer 6 のデザインエントリー部分の新機能をご紹介します。

Altium Designer のデザインエントリー部分は、従来 CircuitStudio の名称で販売されていましたが、Altium Designer 6 から、Foundation(ファンデーション)という名称に改められました。従ってここで紹介する新機構は CircuitStudio と Foundation との機能の違いということになります。

このリストについても前回の PCB 機能のリストアップと同様、アルティウム社の What's New http://www.altium.com/WhatsNew.pdf から抽出しました。項目名はおおよそ原文に合わせてありますので、詳細は本文を参照してください。またこのリストと本文との間に食い違いがあった場合には、本文の説明に従ってください。

【回路図エディタ】
・Smart Paste
オブジェクトを自動変換する機能を持つ Copy and Paste 機能
・Parametric hierarchcal design
シートシンボルで階層下位にある繰り返し回路の定数をパラメトリックに定義
・Defining the differential pairs on the schematic
回路図上で差動ペアの定義
・Configering pin and part swapping
回路図シンボル上への部品/ピンスワップ条件の定義
・Fully integrated with your company's database
外部データベースとのリンク機能が大幅に強化され、全てのライブラリ属性データが外部データベースとリンクし、外部データから直接部品の呼び出しが可能。加えてOrCAD CISをフルサポート
・Pasting external information into schematic sheets
Windows グラフィカル・クリップボードのサポートにより、他のアプリケーションで作成したドキュメントを容易に回路図上に貼り付け
・Copyig reports into schematic sheets
グリッド情報を含むWindows Meta ファイルの Copy and Paste
・Footprint manager - manage footprint across the entire design
デザイン全域にわたり、PCB フットプリントの割付を一括処理
・Automatic Sheet Entry creation
シートシンボルを自動作成する際に下位回路図内の情報をより広範囲に反映
・Mulch-wire / Multi-track editing
セレクトされた複数のワイヤ(トラック)のエッジを一括移動
・Toggle port direction
マウスのクリック操作によりポートを逆向きに変換
・Highlighit your schematic with arrow
注釈挿入や寸法記入のために矢印形状のラインをサポート
・In Place text editing
Note と Text Frame を直接回路図上で編集
・Power port net name
全ての形状のパワーポートにおいて、ネット名の表示/非表示の設定が可能
・Storonger P-CAD netlist support
P-CAD 用のデザインエントリーとしての最適化のためP-CADネットリスト出力機能をアップデート
・Enhanced Exccel BOM interface
パーツリスト出力機能の強化とEecelテンプレートを新たに用意
・Inclede Document and Project Paramerers in the BOM
部品表内に設定されたフィールドに、デザインドキュメントやプロジェクトパラメータを挿入

【Circuit Simulation】
・PSpice support - models, functions, and global variables
PSpice モデルと機能および、グローバル変数をサポート
・Support for global parameters and equations
グローバル変数と方程式のサポートを追加
・X-axis equation support
波形表示の横軸に計算式ベースのスケーリング設定を追加
・Excluding compornent parts from a simulation
回路図上から任意の部品を除外してシミュレーションの実行が可能

【共通部分】 一部しかリストアップしていませんのでで原文にて全貌をご覧ください
・Library Mnagement
回路図シンボルのピンとPCBフットプリントのピン間のクロスプロービングなど、いくつかの機能が追加されている
・Platfom enhancement
バージョンコントロール機能などにいくつかの改良が行われている
・Keep up to date with Altium Designer
Web アップデートなどソフトウェアを最新のものに保つための手段が新しく提供されている

その他、FOGA のハードウェアおよび組み込みソフトウェア開発機能にも多くの改良や機能の追加が行われていますが、 Foundation License には含まれていませんのでリストアップはいたしておりません。この部分についてもぜひとも原文にて内容をご確認ください。

矢印機能の追加やドキュメントの貼り付け機能などが強化されましたので、今まで以上に親切な回路図を描けそうですね。

Comment on "Altium Designer Foundation"

"Altium Designer Foundation"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •