2005年04月05日

Protel で仕事を取る

Protel を入手したらまず、使いこなすためのトレーニングをはじめなくてはなりません。これには取扱説明書やチュートリアルをはじめとするサポートドキュメントを利用します。またアルティウムジャパンでは定期的にProtel Protel トレーニングセミナーを開催しており、Protel 購入後1年間は無料で参加できます。さらに弊社アンビルでも、有償でProtel の運用トレーニングをお受けいたしております。そしてこのトレーニングと並行して、設計が終わったあとの基板の発注先を探します。

これが一段落したら設計受注の営業をしなくてはなりません。基本的には「便利で安心、早くて安い」ということを訴求すればよいわけですが、すべてに最高の条件を整えることはできませんので、ツールの特徴と自分のスキルを客観的に評価して優先順位を付ける必要があります。

Protel で基板設計を行う場合にはProtel で回路を設計しているユーザに対して次のようなメリットを提供することができます。

(1) 便利 - コミニュケーションが容易
デザインルールが設定された回路図により、設計意図が簡単に伝わる
(2) 安心 - 品質と納期が信頼できる
回路図をそのまま使用できるため、回路図との整合性が保証できる
(3) 早い - 設計納期が短い
データの連携により人手による入力作業が減り短期間で設計が終わる
(4) 安い - 設計費が安い
データの連携により人手による入力作業が減るため設計コストがやすい

これらを文面にまとめて案内書を作り、ホームページ上に公開するとよいでしょう。

この案内が目にとまり引合いが来た場合には、設計スキルのプレゼンテーションをしなくてはなりません。多くの場合、過去の設計実績が問われますが、最初は訴求できるような実績はありませんのでかなり苦労すると思います。しかし一件でも設計をこなしたあとはその実績により商談は楽になります。

最初の案件は、基板商社ではなく回路設計と直接コンタクトを取るほう商談が容易です。商社はリスクを負いにくい立場にありますので、実績を強く要求ます。一方、回路設計者と直接商談する場合には、人を見てスキルを判断してくれますので、実績が無くても商談は進みます。

ある程度実績ができた後は、基板商社を有効に活用するとよいでしょう。基板商社は常時設計案件をかかえていますので、仕事が薄くなったときを見計らって仕事を入れてくれます。また、ユーザとの間でトラブルが起こったときには緩衝材にもなります。基板商社はいろいろと便利な存在ですので、常時コミニュケーションを保っておくことが大切です。

設計は既製品を作る仕事ではなく、個性が反映されるカスタム品を作る仕事ですので、スキルの向上とその設計結果への反映に日夜努めることが大切です。Protel のユーザをはじめとする多くの回路設計者が、より良い設計委託先を探している状況ですので、Protel を武器に頑張っていただきたいと思います。

Protelで基板設計業を起業その他のエントリー

  1. 2005年03月30日

    1. Protel設計、勝利の方程式

    2. Protel流、設計分担の切り口

  2. 2005年03月26日

    1. Protel で同業者を出し抜く

  3. 2005年03月25日

    1. Protel は設計受注の穴場